服用後の体の変化 | もしもの時のためのアフターピルを通販で購入しておこう

もしもの時のためのアフターピルを通販で購入しておこう

服用後の体の変化

薬瓶

アフターピルを服用したあと、早い人であれば1~3日程度で消退出血が起こります。
生理周期のタイミングにもよりますが、遅くても3週間以内には消退出血が起こると言われています。
これは、アフターピルが正常に作用した証でもあり、きちんと避妊できているのかどうかを判断するものでもあります。
もし、服用してから3週間経っても消退出血が見られない場合、妊娠してしまっている可能性があるので、その場合には産婦人科に行って診断してもらいましょう。
今回の性行為ではなく、それ以前の性行為によってもうすでに妊娠してしまっている、という可能性ももしかしたらあるので、服用してから消退出血が見られるまでは安心できません。

また、アフターピルで確実に避妊するためには、性行為終了後の12時間以内に服用することが望ましいと言われています。
アフターピルはとにかく時間との勝負でもあり、早く服用すればするほど避妊成功率も上がるのです。
アフターピルの効果がある限界の時間は72時間で、それ以上すぎるともうアフターピルによる避妊効果は期待することができなくなってしまいます。
この72時間というのは、性行為終了後から着床までにかかる時間でもあるので、絶対に遅くても72時間以内には服用するようにしましょう。

とはいえ、性行為終了後にアフターピルを求めても、深夜は産婦人科はしまっていますし、休診日などと重なってしまうと処方してもらうまでにかなりの時間を要してしまうことになります。
なので、アフターピルは前もって用意しておくことが勧められているのです。
女性は自分の身を守るために、最も有効な方法をきちんと確保しておきましょう。